このページは、よくある質問についてその内容と解答をまとめたものです。

「当漫研に入ろうか迷っている方」を主な対象として作成していますので、

悩んでいる方はぜひ一度目を通すようにお願い致します。

Q1漫画を描いた経験が無いのですが、大丈夫でしょうか? これはおそらくほとんどの人が抱く不安だと思います。
「絵すらあまり描いた事がないのに」と更に不安に思う人もいるでしょう。
でも、大丈夫です。毎年漫画初心者の人、絵を描いた経験のない人が入会していますし、必要に応じて上級生が技術指導でフォローしていくので、心配はいりません。
Q2お金…いくら位かかります? まず入会金が500円。会費が月500円なので、年間で6000円。
それに加えて年2回会誌「ぺんの樹」の発行に際して基本料3000円を払うので6000+3000×2=12000円(1年生は×1なので9000円)
またぺんの樹に執筆するには原稿料も払わなければならないのでさらにこれより増えることになります。その上合宿に年2回行きますし、コンパ等もあるので出費は結構かさむというのが現実です…。
Q3活動には毎回出席しなければならないのでしょうか?兼部もしたいのですが…。 そんなことはありません。週二回の活動を行っていますが、「毎回必ず」と言う訳では無いですし、兼部も大丈夫です。
教職課程など、授業・勉強が大変だという人も会員の中にはいますし、サークルとの付き合い方は多様に調節できるので問題ありません。
授業や他サークルとの両立は、本人の気力次第ということです。コツは計画的なスケジュール管理でしょうか。
※ただし、漫研内の役職に就く事となった場合、兼部はほぼ不可能といえます。忙しさ的な意味で…。
Q4:漫画研究会というからには、やはり漫画に詳しくないといけないのですか? そういうこともありません。「漫画が好き」というつながりで成り立っているサークルですし、それにこの環境で過ごせばおのずと漫画にもある程度詳しくなります。
漫画を「読むのが好き」でも「描くのが好き」でも大歓迎です。
Q5他大生ですが入会できますか? f-campus(学習院女子大学・日本女子大学・立教大学・早稲田大学)に在学している方なら、大歓迎です。数は少ないですが現会員の中にも他大の方はいますし、定期的に活動に顔を出すことが出来ればOKです。
Q6:入会の前に見学等したいのですが、どうすればいいですか? 学習院大学構内・黎明会館505号室が部室ですので、直接ここに足を運んでいただければいつでもご説明・ご案内いたします。
「場所が分からない」「いきなり行くのはちょっと…」という方は、お問い合わせの項目より連絡をくだされば、いろいろと対応いたしますのでお気軽にご利用ください。
Q7部の雰囲気ってどんな感じですか? 普段はゆったりとしていて、部室の空気はなごやかです。展示会や学祭などのイベント前にはあわただしくなりますが、サークルの団結には欠かせません。
ぺんの樹締め切間際は修羅場と化しますが、メリハリをつけるという意味では肯定できるものだと思います。
部員も、漫画好きだけでなく、ゲーム好きやアニメ好き、カードゲーム好き、映画、お笑い好き、アイドル好き、特撮好き、声優好き、カラオケ好きなどなどさまざまな趣味趣向を持った人が集います。
inserted by FC2 system